ワキガとの付き合い方

ワキガ

私は32歳の専業主婦です。
思春期の頃から、約20年間ワキガに悩まされとぃます。
実際に医者に「あなたはワキガです」と診断されたわけではありませんが、よく雑誌などで掲載されているセルフチェックでは、見事にあてはまるので間違いないと思います。
セルフチェックの内容は、簡単で衣類が黄ばむか、親族にワキガの人がいるか、耳垢がキャラメル状であるかという3項目です。
特に衣類の黄ばみには長年悩まされてきました。
真っ白のインナーなどは1シーズンも着れば、すぐに黄ばみはじめます。まだ、インナーなどは、500円~1000円など比較的安いものが多いので、1シーズンで1~2回買い替えるようにしています。
また、冬物のセーターやワンピースなどは黄ばみというよりもワキガ特有の刺激の強い匂いが染みつきます。
これらのお洋服は、比較的お値段のするものが多く、また頻繁に買い替えるワケにもいかず・・
汗ワキパッドや汗を抑える効果がある制汗剤を使用することでワキガの対策をしています。

このようになにかと苦労の多いワキガを治したいと思い、以前治療方法を調べたことがあります。
永久脱毛かワキガの手術しかないようです。
現在は永久脱毛をするために、お金をためています。早くあのツンとした刺激臭から解放されたいです。

 

ワキガの臭いを防ぐ対策

体臭の中でも特に臭いが強いのはワキガで周囲の人にも迷惑をかけてしまうほど臭いが充満してしまいます。周囲の人に迷惑をかけてしまうとだんだん避けられてしまうという事もあるので日常からしっかりとワキガ対策をしておく必要があります。

ワキガは人それぞれ体質が違うので臭いの強さは異なってきます。臭いがそれほど強くない人は日常でも十分対策は出来ます。まず脇をしっかり洗う事が重要なのですが、ワキガ専用の石鹸で洗うようにしましょう。

普通のボディソープだと脇に発生する臭いの元となる皮膚悪玉菌を洗い落とし切れない場合があります。そのため臭いが発生しやすくなってしまうので皮膚悪玉菌を完全に洗い落とし切れるワキガ専用の石鹸で洗うようにしましょう。

肉類など動物性タンパク質を摂り過ぎてしまうとワキガの元となるアポクリン腺が活発になって汗が大量に分泌して臭いが強くなってしまいます。そのため食事は野菜や大豆製品を中心としたメニューにして栄養バランスを考えた方がいいでしょう。

ワキガの臭いがあまりにも強い場合は日常では対策し切れないので皮膚科の行って医師の診察を受けるようにしましょう。診察を受ければ症状を見てもらえるのでその症状に合わせた治療方法を勧めてくれます。ワキガの臭いを早く防ぐために医師に見てもらってアドバイスを仰ぎましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です