湿度の高い日本です、殺菌の繁殖は匂いを呼びますね

汗の匂い、特に腋の下の汗の匂いは大変に気になるものです。湿度の高くなる、しかもまだ汗の出始めの初夏の頃が、一番匂います。自分でも気が付く程度だと、かなり周りにも匂っていると思っていいかもしれません。
早めの対策が必要ですね、ワキガだけは出来れば回避したいものです。

汗と言うのは体内の老廃物や毒素の排出ですので、制汗剤の多用は人によっては避けた方がいいかもしれません、せっかく体内を浄化しようとして出ている汗を止めるのは、体内に老廃物を溜めることになるからです。
勿論場合によっては、制汗剤はとても有効な手段ですので、いざという時には活用しましょう。

でも普段のお手入れとして一番有効なのが、こまめに汗を拭きとると言うこと、別に汗拭きシートでなくても大丈夫です、普通のガーゼのハンカチやミニタオルでも充分です。
常に携帯して、トイレなどに立ちよった時に濡らして、腋の下を拭いておきましょう、さっぱりしますよ。後は水で洗ってビニール袋などに入れて、次のトイレの時にでもまた使うことが出来ます。
汗拭きシートよりもエコかもしれませんし、香料なども勿論ありませんので、汗の匂いと香料が混ざって逆効果と言う心配もありません。

汗の出る季節になったら、1枚のガーゼをビニール袋に入れてポーチに忍ばせてみませんか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です